現代のダイエットは、健康ブームにものって、ただ体を細くするだけでなく、適度な筋肉をついたしなやかな体を求める人が多くなってきました。

その中でも幅広い世代に注目されているのが、有酸素運動です。有酸素運動は、正しく行うと脂肪燃焼効果を上げると言われています。わかりやすいものであれば、筋トレ後はとても効率的に脂肪燃焼をさせることができます。筋トレを行うと筋肉に負荷がかかり、それによって疲労物質と言われている乳酸が生成されます。そのあとに、ヨガなどが代表的な有酸素運動を20分以上行うと、乳酸をもう1度エネルギーに変えようと、脂肪がエネルギー源となって燃焼されるという仕組みです。酸素をきちんと体内に取り込むことが大切です。つまり、筋トレ後の有酸素運動は、呼吸が重要なポイントとなるのです。
脂肪燃焼のために、筋トレをやりすぎてもよくありません。やりすぎると、乳酸が大量に生成されてしまい、逆に筋肉が動かなくなってしまいます。睡眠不足であったり、疲れている時などは無理して行うことを避けましょう。
また、筋肉への負荷が弱すぎても乳酸が生成されないので、あくまでも適度な負荷をかけることが重要です。

このように筋トレと有酸素運動をセットで行うと、健康的で理想の体型を維持することができるのです。