ダイエットの効果を上げるうえで、筋トレは欠かせません。筋トレによって筋肉量を次第にあげることによって基礎代謝が高まり、カロリーを消費しやすい、いわば「燃費の悪い」体質に変えていくことで、これまで以上に「燃焼しやすい身体」へと変化していくのです。いったん燃えやすい身体になれば、ダイエットの効果は抜群に上がっていくことを間違いなく実感できることでしょう。でも筋トレは非常に辛く地味な作業です。特に疲労を残してしまうとなかなかやる気が起きず、継続すること自体が苦痛になり、結局はダイエットの失敗につながりかねません。実は重要なのは筋トレ後のストレッチにあります。筋トレ後に丹念にストレッチをすることによって、筋トレを通じて蓄積してしまった乳酸を拡散させることができます。また、丹念なストレッチは怪我の予防にもつながるのです。いくら筋トレをしたからといっても、その結果怪我をしてしまったのでは何の意味もありません。そのためにも筋トレを行った部位を中心として、筋トレにかけたのと同じくらいの時間をかけるつもりで、丁寧にじっくりとストレッチをされることを強くお勧めします。これによってきっとダイエットが今まで以上に楽しくなることは確実でしょう。