» 未分類のブログ記事

最近、ダイエットのためや筋肉を鍛えるために、ランニングをしている方をよく見かけます。
久しぶりに体を動かす人は、いきなり走るのはよくありません。最初はウォーキングから始めて体を慣らし、徐々にランニングを始めて行く方が最適です。急な運動は体が驚きよくありません。さて、走っている人を見ていると、急なダッシュをしている人を見かけます。十分な準備運動をしたうえで、ダッシュされることをお薦めします。ランニングはダイエットにも効果をもたらします。体についた贅肉を筋肉に変えていくのも良いことです。脂肪を溜めると肥満になり病気にもつながりますので、体脂肪を減らして筋肉をつけるのがベターです。加齢とともに、脂肪はつきやすくなりますので注意してください。空腹で走ると体に差し障るので、ランニング時に必要な糖質はきちんととってからすることをお薦めします。走る前の栄養補給はとても重要となるそうです。走るということは、かなりのカロリーを消費するので忘れないでください。ダイエットにもつながるランニングは、自分の心地よいペースで続けられるので、長く続きやすいスポーツです。体脂肪を減らし美容と健康をぜひ手に入れてください。

現代のダイエットは、健康ブームにものって、ただ体を細くするだけでなく、適度な筋肉をついたしなやかな体を求める人が多くなってきました。

その中でも幅広い世代に注目されているのが、有酸素運動です。有酸素運動は、正しく行うと脂肪燃焼効果を上げると言われています。わかりやすいものであれば、筋トレ後はとても効率的に脂肪燃焼をさせることができます。筋トレを行うと筋肉に負荷がかかり、それによって疲労物質と言われている乳酸が生成されます。そのあとに、ヨガなどが代表的な有酸素運動を20分以上行うと、乳酸をもう1度エネルギーに変えようと、脂肪がエネルギー源となって燃焼されるという仕組みです。酸素をきちんと体内に取り込むことが大切です。つまり、筋トレ後の有酸素運動は、呼吸が重要なポイントとなるのです。
脂肪燃焼のために、筋トレをやりすぎてもよくありません。やりすぎると、乳酸が大量に生成されてしまい、逆に筋肉が動かなくなってしまいます。睡眠不足であったり、疲れている時などは無理して行うことを避けましょう。
また、筋肉への負荷が弱すぎても乳酸が生成されないので、あくまでも適度な負荷をかけることが重要です。

このように筋トレと有酸素運動をセットで行うと、健康的で理想の体型を維持することができるのです。

基礎代謝とは、簡単に言うと体を動かしていなくても消費されるカロリーのことです。これは生命維持のために必要なこと、臓器の活動であったり、体温の維持などによって消費されるカロリーとも言えます。何もしないでもカロリーが消費されるわけですから、これが高いと、ダイエットを効率的に行うことができると言うメリットがあります。この基礎代謝には個人差がありますが、これを鍛えることは可能です。そのポイントとなるのが、大きな筋肉です。人間はじっとしている時でも呼吸などによって筋肉は動いています。そしてそれによってカロリーは消費されています。ですから筋肉がきちんとついていて、なおかつそれが大きく育っていれば育っているほど、基礎代謝も高くなると言うわけです。大きな筋肉と言うのは文字通り、面積が大きな筋肉のことです。たとえば頸椎から骨盤まで、脊柱を支えている細長い筋肉である脊柱起立筋や、しゃがんだ姿勢から立ち上がる時、走ったりする時に動く股関節伸展に関わっている筋肉、大殿筋などがその一部として挙げることができます。ですからこれらの筋肉を意識的に伸ばす、動かすなどして、鍛えることが効果的です。またより効率的に鍛えるためには、筋肉の元となる良質なたんぱく質を食事から摂取すること、そして成長ホルモンの作用を受けることが重要です。成長ホルモンは睡眠時に分泌されると言われていますから、夜にはきちんと、良質の睡眠をとることも大切です。

あなたは自分自身の全身をちゃんと見たことがあるでしょうか。ダイエットで特に女性の方は女優さんやモデルさんみたいな体型に憧れて、それを目標に頑張っている方もいると思います。しかし、本当にそのままなりたいのでしたらちょっと考えて見てください。人には様々な体型があります。背が高い人もいれば低い人もいますし、全てが一緒の身長ではないのでそれぞれのバランスを考えた鍛え方が必要になるわけです。バランス良く鍛えるのがなぜ重要かと言うと、他はある程度筋肉がついてきていてあとは気になる部分だけというのなら良いのですが、気になる部分だけを重点的に鍛えてもそこだけが逞しくて他の筋肉が鍛えられていないとかえっておかしいバランスになってしまい、せっかくの努力が時間の無駄になってしまいます。そこで、全体をまんべんなく鍛えることによって健康的に、且つ美しく見えます。身長が低いとスタイルが悪く見えるとよく聞きますが、モデルさんにも身長が低くても活躍している方はいるので身長はあまり関係ありません。誰かを参考にするのなら自分と同じ背格好でバランスが良い方を目標にするとどこをどのくらい鍛えたら良いのか参考になり、分かりやすいです。

年齢を重ねるごとに気になるのが、体脂肪です。
若いときの要領で食事や運動を怠ると、みるみる増加して行きます。
しかし、たとえ若い頃より太ったと感じても、決して手遅れではありません。
年齢に関係なく、効率的に体脂肪を減らし、さらには、筋肉を付ける方法があります。
例えば、有酸素運動です。体脂肪を燃やす筋トレを行うことで、効率よく効果を発揮させることが可能です。
自宅で簡単に誰でも出来るものとして、スクワットが挙げられます。足は、血液の循環を促す役割を果たしていますので、
足の筋肉を鍛えることで、新陳代謝が活性化され、その結果、脂肪燃焼をしやすい体を作ることが出来ます。
また、合わせて食事にも気を付ける必要があります。
体脂肪を考えるのであれば、低カロリー高タンパクを心がけることであると言えます。
そして、それは、ズバリ和食です。
和食は、米などの炭水化物と肉や魚、大豆製品等、タンパク質のバランスが絶妙で、どちらも欠かすことはできません。
また、きのこやこんにゃくなど、低カロリーの低カロリーの食材も豊富です。
このように、かつての日本人は、健康的な食事と、適度な運動を、知らず知らずに行ってきたため、体脂肪をそれほど気にしませんでした。しかし、欧米化のライフスタイルが普及することで、変化が生じたと言えるのではないでしょうか。まずは、各人の生活スタイルを見直すことが、はじめの一歩かも知れません。

脂肪と筋肉の関係とは

| 未分類 |

ダイエットにおいては脂肪を減らして筋肉をつける事が大切なのは言うまでもありません。これは基礎代謝を高めて太りにくい体質にする点から考えても有効です。
ちなみに体脂肪1kgの中には7200kcalが含まれていると言われており、これはフルマラソンを3回完走できる程のカロリーです。実際に完走したら汗が出るのでもっと体重は減りますが、運動の消費カロリーだけで体重を落とす事が如何に大変かという数字ですね。
でも筋肉をつけたら重くなってしまうのでは、という心配をしている方もいるのではないでしょうか。
ここで体積あたりの重さを比較してみましょう。2000立方センチ辺りの重さは脂肪が1800gなのに対して筋肉は2200g程度です。同じ大きさなら若干の差ですね。
しかし逆に言うと同じ重さなら比重が軽い方が体積が大きくなる、つまりかさばると言う事です。
同じ体重なのにより太って見えることになります。その比率はおよそ4:5で脂肪の方が大きくなるのです。
ダイエットに筋トレが有効なのはこういった考え方に基づいており、年齢と共に、また使わないでいるとどんどん落ちてしまう筋肉をつなぎ止める事は健康面と美容の面から考えても大切であると言えるでしょう。

ダイエットの効果を上げるうえで、筋トレは欠かせません。筋トレによって筋肉量を次第にあげることによって基礎代謝が高まり、カロリーを消費しやすい、いわば「燃費の悪い」体質に変えていくことで、これまで以上に「燃焼しやすい身体」へと変化していくのです。いったん燃えやすい身体になれば、ダイエットの効果は抜群に上がっていくことを間違いなく実感できることでしょう。でも筋トレは非常に辛く地味な作業です。特に疲労を残してしまうとなかなかやる気が起きず、継続すること自体が苦痛になり、結局はダイエットの失敗につながりかねません。実は重要なのは筋トレ後のストレッチにあります。筋トレ後に丹念にストレッチをすることによって、筋トレを通じて蓄積してしまった乳酸を拡散させることができます。また、丹念なストレッチは怪我の予防にもつながるのです。いくら筋トレをしたからといっても、その結果怪我をしてしまったのでは何の意味もありません。そのためにも筋トレを行った部位を中心として、筋トレにかけたのと同じくらいの時間をかけるつもりで、丁寧にじっくりとストレッチをされることを強くお勧めします。これによってきっとダイエットが今まで以上に楽しくなることは確実でしょう。

ダイエットをしたいという願望を持っている人は多くあります。最近は医学的な分析も進み、色々なダイエット方法が考え出されています。食事のメニューのカロリーを計算してダイエットするのも一つの方法ですが、それよりもはるかにコストがかからず、誰でも手軽に実行できて効果が実感できるダイエット方法は、筋トレをすることです。今日から家でも始めることができます。筋肉は維持するだけでカロリーを消費するので、筋肉をつければつけるほどカロリーを消費するので太りにくい体質になります。ただ筋トレをするときに幾つか注意点があります。一つは、例えば腕立て伏せをするならば、あまり負荷をかけずに回数を多くするよりも、なるべく負荷をかけて少ない回数を行うほうが筋肉をつけるのに効果があります。ですから自分の体重だけで負荷が少ない場合は、台などに足を乗せてより腕に負担がかかるようにするとよいです。また、初心者に多いですが、筋トレを毎日やっていると筋肉が休まる時間がないので、ある程度日にちを空けることも大切です。また、首の筋トレをするときには、いきなりやると痛める可能性があるので、よく首のストレッチをしてからやるのがお勧めです。

筋肉痛になるメカニズム

| 未分類 |

筋肉痛のメカニズムは実ははっきりと解明されたわけではありません。しかし激しい運動や慣れない運動をすることで傷ついた筋肉の線維を修復しようとするときに起こる痛みだと言われています。筋肉は筋線維と呼ばれる筋肉の線維が集まって構成されています。これが激しい運動で一か所の筋肉を使いすぎたり、慣れない運動で普段使わない筋肉を使うことで筋肉を構成している筋線維や周辺の組織が傷付きます。この時に炎症が起こることで刺激物質が生産され、筋肉を包んでいる膜を刺激します。これが筋肉痛として痛みを感じると言われています。特に普段使わない筋肉を使うと痛くなりますが、普段よく使う筋肉には血液を送る毛細血管が発達しています。しかし普段使わない筋肉には毛細血管が発達していないため、損傷した筋線維に刺激物質が届くまでに時間がかかるので、痛くなるまでに時間がかかるのでは、とも考えられています。ところで「年をとるほど筋肉痛は遅く起こる」と言われていますが、実はこれはそうではないのです。各年代で同じ運動をした後、どれくらいで筋肉痛が起こるかを検証した結果、年齢による差は認められなかったそうです。なぜそのような説が出たのかはわかりませんが、年齢は関係ありません。何にせよ、普段から運動し、筋肉をよく使うことで筋肉痛は和らげることが出来るのは確かなようです。